ねんね詐欺にはご注意を

公開日: : 最終更新日:2017/07/18 子育て, 育児日記

あなたは「ねんね詐欺」をご存知だろうか。聞いたことがない人も多いと思うので、先月起こった我が家の「ねんね詐欺」について、詳しくお伝えすることにする。

特に子育て中のご家庭においては、細心の注意を払って、詐欺に合わないように気をつけていただたきたい。


「ねんね」と言えるようになった

「ねんね」という言葉は、ずいぶん前から理解していた息子だが、使いこなせるようになったのは、確か先月の始めだった。

テレビやなんかで、寝てるところや目を閉じている姿を見ると「ねんね」と言うようになり、んたしは微笑ましく聞いていた。

自分が眠たい時にも言うようになった

言えるようになってから少し経って、お昼寝前や、就寝前になると大好きなうーたんとガーゼケットを抱えて「ねんね〜」と言って寝室に行きたがるようになった。

実際、ベッドに寝かすと暴れることも脱走することもなく、10〜20分ほどフニフニして寝るように。

なので、息子の「ねんね」は信憑性が高く、わたしは「なんて賢い子だろう」と親バカ全開でいた。

ある日突然の「ねんね」詐欺

その日は雨で、外にも児童館にも行かずに過ごしていた。

息子が「いないいないばぁ」や、「おかあさんといっしょ」を見ているうちに、ひと通りの家事を済ませたその時だった。

いつもなら、まだお昼寝する時間でもないのに「ねんね〜」と言って階段の方にわたしを連れて行く。

夜中少し夜泣きしたし、スッキリしていないのかな?もう眠たいのかな?と思って寝室のある2階へ。

が、しかし。2階に着いても寝室に行かずに3階へ行こうとする息子。

3階へ行って少し遊んで、気が済んだのか、今度は降りるとわたしの手をひいて階段へ向かう。

3階から2階に降り、寝室には行かず、2階から1階へ…を繰り返すこと3往復。

息子は「ねんね」と言うと、母が喜んで階段に行って上り下りしてくれると学んでいた

普段、階段を上りたがっても「用事がないから行かない」と断っていた。

だがしかし、「ねんね」と言えば母が喜んで階段についてきてくれると気づいた息子。

まんまと乗せられて、階段を昇り降りする母…

くれぐれも「ねんね詐欺」にはご注意を

みなさんも子どもの「ねんね詐欺」にはご注意を。

わたしは対策として、普段から少しは息子に付き合って言うことを聞いてあげるか…と、心を入れ替えることにした。

ads

関連記事

「あらかわ遊園」子連れおでかけレビュー

こんにちは。 しのはらえり@erishinoharaです。 先日、息子を連れて「あらかわ遊園

記事を読む

息子の成長は、喜びと寂しさのセットだった

息子が卒乳していった。 添い乳はしたことなかったけど、お昼ごはんのあとの授乳で寝てしまうことが習慣

記事を読む

息子が1歳になったので、産まれた日を思い出してみる

先日息子が1歳のお誕生日を迎えた。 色々と戸惑い、悩み、落ち込んだりもしたのに、振り返ればあっとい

記事を読む

子どものイヤイヤ期にイライラしなくなったきっかけ

子どもの成長とともに訪れる、通称「イヤイヤ期」 なんでもイヤだと泣き喚かれ、ついキツく当たって

記事を読む

育児日記始めます

こんにちは。 しのはらえり@erishinoharaです。 息子が1人でご飯を食べるよう

記事を読む

ads


*フォローしていただけたら励みになります*
follow us in feedly follow me Instagram
  • iPhoneでブログを更新するモブロガ−、主婦です。iPhone、セルフジェルネイル、食べ歩き、カメラが好きです*
    詳しくはこちらから*
子どものイヤイヤ期にイライラしなくなったきっかけ

子どもの成長とともに訪れる、通称「イヤイヤ期」 なんでもイヤだと

お食事スタイ(コンビ、バンキンス、ビベッタ、メイクマイデイ)徹底比較!

離乳食が始まると、必須になるお食事スタイ。 かわいいものから、機

ねんね詐欺にはご注意を

あなたは「ねんね詐欺」をご存知だろうか。聞いたことがない人も多いと思う

いろんな「カンカン」活用法

我が家の近くに踏み切りがあるせいか、パパママに次いで、息子から出てきた

我が家に うーたん がやってきた!

ついに、我が家に「いないいないばぁ」の「うーたん」がやってきました。

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑